トイレの詰まり等の緊急対応

トイレの詰まりの対処方法

下記の作業を行っても、つまりが取れない場合は当社におまかせ下さい
大量にトイレットペーパーを使ったときや、異物を落として流してしまったとき、便器がつまってしまうことがあります。つまった物によっては専門の業者でないと直せませんが、「ラバーカップ」という道具があれば自分で直せる場合があります。

 まずラバーカップという道具を準備します

 
ラバーカップ(お椀の形のゴムを逆さに置いて棒がついているもの)という器具を使います。
ホームセンターなどで売られています。

 ラバーカップでつまりを取ります

便器の底、穴の部分をできるだけ塞ぐようにラバーカップの吸入部を沈めて思いきり引っ張る。詰まりものを押し込むのではなく、いったん引き戻す事が重要です。これを排水が引き込まれるまで繰り返します。

 バケツで水を流してみます

詰まりがとれたようであれば、バケツで水を少しずつ流し、スムーズに流れるかどうかを確認します。いきなりタンクの水を流すと、詰まりが取れていなかった場合、便器から水があふれてしまいますので、注意しましょう。

 それでもつまりが取れない場合は

作業をおこなっても流れが悪い、その後もつまる場合は、プラスチックなどの堅い異物が残っている可能性があります。このようなものはラバーカップでは取れませんので、当社に点検を依頼してください。